Mac OS X: ネットワークだけ再起動する

Pocket

ネットワークの調子がおかしい時はネットワークだけ再起動すると解決する時がある。
ブラウザを開いたままにしておけるし、編集中のファイルもそのままにできるので、Macそのものを再起動するよりも便利だ。

ネットワークの再起動

ネットワークのみを再起動するにはインターフェースを指定して、停止と起動を行う。

インターフェースen0の停止


$ sudo ifconfig en0 down

インターフェースen0の起動


$ sudo ifconfig en0 up

インターフェースの確認

デフォルトではen0やen1のインターフェースを使用していると思う。
しかしUSBのEthernetアダプタなどを使用している場合は異なる。

使用中のインターフェースを確認するには、Macのメニューから
「システム環境設定」 > 「ネットワーク」
で使用中のインターフェースを選択して「詳細」ボタンを押す。
「ハードウェア」の欄に表示されているMACアドレスを確認する。

OSX:MACアドレスの確認

次にifconfigコマンドを実行して、先ほどのMACアドレスと一致するインターフェースを探す。


$ ifconfig
lo0: flags=8049 mtu 16384
	options=3
	inet6 ::1 prefixlen 128 
	inet 127.0.0.1 netmask 0xff000000 
	inet6 fe80::1%lo0 prefixlen 64 scopeid 0x1 
	nd6 options=1
gif0: flags=8010 mtu 1280
stf0: flags=0<> mtu 1280
en2: flags=8863 mtu 1500
	options=4
	ether 78:31:c1:a1:e2:98  # ここか 
	inet6 fe80::7a31:c1ff:fef1:e295%en2 prefixlen 64 scopeid 0x4 
	inet 192.168.24.12 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.24.255
	nd6 options=1
	media: autoselect (100baseTX )
	status: active
en0: flags=8823 mtu 1500
	ether d0:e1:40:99:49:e2 # ここか 
	nd6 options=1
	media: autoselect ()
	status: inactive
en1: flags=963 mtu 1500
	options=60
	ether 32:00:1a:a8:12:49 # ここか
	media: autoselect 
	status: inactive
p2p0: flags=8802 mtu 2304
	ether 02:e1:40:94:39:d2 
	media: autoselect
	status: inactive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です